肝臓腎臓の悩みに効くサプリメントのご紹介!

肝臓や腎臓に効くサプリを購入してみようと考えた事はありますか?そのようなサプリを検討しているという事は、健康診断で肝臓や腎臓の数値が思わしくなかったというケースが多くなっています。

 

肝臓と腎臓に効くサプリは、種類も多く販売されているのでどのようなものを購入すれば良いのか迷ってしまいますよね。

 

そこで、サプリの選び方から飲まなければならない理由などを知っていきましょう。
まず最初に肝臓腎臓に効くサプリ最新売筋ランキングをご紹介します。

肝臓腎臓に効くサプリランキング

クレアギニンEX

源泉された29種類もの成分をたった2粒でしっかり摂取でき、年齢に負けない元気で活発な体を維持しやすくなるサプリです。

 

ノコギリヤシやペポカボチャのエキスも配合することで男性の活力をサポートし、女性に嬉しい高麗人参やイソサミジンで美と健康を支えます。
1日100円ほどで続けられるコスパの良さもあり、肝臓や腎臓をいつまでも元気でいさせたい、内側からすっきりしたいという男女に人気です。

 

オススメしたい人 ・もやもやしてやる気の出ない日が多い

・肝臓や腎臓に負担の掛かる生活習慣が気になる
・スッキリとした活力に満ちた毎日を送りたい

主な特徴 ・29種類の厳選された原材料を使用

・1日100円から始められるコスパの良さ
・医薬品レベルの管理体制の工場で製造されている

成分 ノコギリヤシ/ペポカボチャ/L-シトルリン/冬虫夏草など
価格 毎月お届けコース申し込みで初回限定1,980円
評価

 

 

肝パワーEプラス

広島産の牡蠣のエキスや長野産のジャンボにんにくのエキスなど、元気の源となる成分が1粒に凝縮された高機能な大人気サプリです。

 

特にお酒や食生活の乱れ、ストレスなど現代人とは切り離せない習慣によって疲れた肝臓をサポートし、元気な毎日を取り戻すサポートが得意です。
3粒ずつの小分け梱包なので持ち運びがしやすく、飲み忘れもしにくいので長く続けて健康維持に役立てている方も多くなっています。

 

オススメしたい人 ・夜の付き合いや宴会が多い生活

・毎日忙しくて食生活の乱れやストレスが気になる
・肝臓を元気にして活発な生活がしたい

主な特徴 ・30日間の返金保証付きで安心出来る

・ハイクオリティ認証を取得している
・モンド・セレクション金賞を受賞

成分 広島産牡蠣エキス/長野産ジャンボにんにくエキス/紀州産南高梅エキスなど
価格 2箱定期コースが5,980円
評価

 

 

レバリズム-L

肝臓の元気をサポートすることに特化しているサプリで、肝臓が喜ぶシジミエキスや牡蠣エキス、スクワレンなどがとても豊富に配合されています。

 

運動不足・食生活の乱れ・お酒の飲み過ぎといった生活習慣の問題を抱えている人や、朝が辛かったり倦怠感が取れないという悩みの解消にも一役買っているサプリです。
レバリズム-Lを1週間ほど続けることでスッキリ感を感じる人が多く、結果が出やすいので元気になる自分を感じながら続けることが可能です。

 

オススメしたい人 ・毎日忙しくて外食にばかり頼っている

・油っぽいものやお酒を飲むとムカムカする
・肝臓の数値を指摘されて不安になった

主な特徴 ・満足度97%の確かな実力のあるサプリ

・1日3粒なので負担なく気軽に続けられる
・テレビでも紹介された人気のある商品

成分 L-シスチン/ビタミンB/牡蠣エキス末/シジミエキス末など
価格 特別モニター価格で1ヶ月分が980円
評価

 

 

協和発酵バイオ オルニチン

注目の健康成分であるオルニチンが1粒に濃厚に凝縮されたサプリで、しっかりと体に補って上げることで朝から夜まで元気に動ける体づくりを手伝います。

 

年齢を重ねてからすぐに疲れてしまうようになった人は特に違いを感じやすく、活発で明るい毎日を取り戻せたという喜びの声が多く上がっています。
15日間のお試し購入がお手頃価格で出来るので、まずは試してみたいという人にも大変オススメです。

 

オススメしたい人 ・午後には疲れがどっと出てくるようになった

・なんだか活力と元気がでなくゴロゴロしてしまう
・肝臓や腎臓のことをしっかりと考えたい

主な特徴 ・1日34円で2週間分試せるセットがある

・シジミ300個分のオルニチンを配合している
・錠剤が小さめで角がないので飲みやすい

成分 オルニチン/セルロース/環状オリゴ糖/ショ糖エステルなど
価格 15日分のお試しが500円
評価

 

 

しじみ習慣

シジミが持つ健康に良い成分に注目し、シジミの産地からエキスの抽出、梱包に至るまでを徹底的に拘った高品質なシジミサプリです。

 

お酒を飲む事が多かったり、朝がどうしてもスッキリしない、内臓の数値が気になっているという方の多くが愛飲しており、累計販売個数は400万個を突破しています。
1日2粒を飲みやすいソフトカプセルで飲めるので継続しやすく、飲んだ翌日に違いを感じる人も多いので積極的に続けやすいサプリになっています。

 

オススメしたい人 ・元気に美味しくいつまでもお酒を楽しみたい

・朝とにかく体がだるくやる気が出ない
・そろそろ肝臓の良い習慣を始めたい

主な特徴 ・飲みやすいソフトカプセルなので続けやすい

・飲んだ翌日から違いを実感する声が多い
・2タイプの梱包があるので自分に合ったものを選べる

成分 シジミエキス/サフラワー油/オリーブ油/ビタミンE含有植物油など
価格 3ヶ月分おまとめの定期コースが9,500円
評価

 

 

肝臓や腎臓に効くサプリを飲む理由は?

 

腎臓や肝臓に効くサプリを飲む理由の多くは、健康診断の結果を受けての判断ではないでしょうか。健康診断で、肝臓と腎臓の数値が適正なのであればサプリを検討する事はありませんよね。

 

 

 

結果が要治療なのであれば、病院に行って診断を受けると思います。しかし、要注意や保健指導が必要だった場合はどうでしょう。

健康診断で保健指導が必要だった場合は?

保健指導が必要という表記がされるようになったのは平成20年4月からです。目的は、生活習慣病に移行させない為に、医師・保健師・栄養管理士が中心になって行います

 

 

 

基本的には、生活習慣病にさせない為の動機付けや支援を行っていくのです。指導を受ける事によって日々の生活を改めるきっかけになりますよね。

健康診断で要注意だった場合は?

健康診断では、要注意や要経過観察という言葉で表現されています。この表記がされている項目は、当然ですが今すぐの治療は必要がないけど今後の生活次第では治療が必要になりますよというサインです。

 

 

 

治療が必要ないからといって放置しておくと、後から治療が必要になってしまう場合があるので、過信せずに対策を考えるようにしましょう

肝臓に良い成分って何?

 

肝臓の機能を高めてくれるような成分にはどのようなものがあるでしょうか?

肝臓に良い成分@オルニチン

肝臓で体に有害となる物質を分解する役割があります。オルニチンは、アルコールのような成分を分解・解毒・排出までをおこなっています。

 

 

 

つまり、オルニチンがなければ有害物質を体外に排出する事ができなくなってしまうわけです。

肝臓に良い成分Aタウリン

人の体に対して約1%がタウリンで構成されています。1%も必要な成分という事を考えればタウリンの重要性がわかりますよね。

 

 

 

タウリンの役割は肝臓の脂肪を排出する事です。また、オルニチンと同様にアルコールの分解にもなくてはならない存在なのですよ。

肝臓に良い成分B亜鉛

亜鉛のイメージは、アルコールの分解能力ではないでしょうか?肝臓でアルコールを分解する為には亜鉛が欠かせません

 

 

 

もし、アルコールを飲まないのであれば亜鉛は必要ないのでしょうか?答えはNOです。亜鉛は、疲労回復や味覚に大きく関係しています。

 

 

 

アルコールを飲まないからといって亜鉛が必要ないという事はありませんので勘違いしないようにしましょう

肝臓に良い成分CL-シスチン

L−シスチンは、あまり馴染みがない成分ではないでしょうか。L−シスチンは、肝臓でアルコールが分解された時にできる成分アセトアルデヒドと直接結びついて無毒化します

 

 

 

肝臓でも大きな役割を持っていますが、胃ガンを予防する効果も持っているので体になくてはならない成分なのですよ。

腎臓の数値を改善する成分は?

 

腎臓の数値は、尿酸やクレアチニンなどで表示されます。ただし、特定健診の基本検査項目には含まれていないので、数値を知りたい場合は別途検査が必要になりますよ。

尿酸をアルカリ化する食品

海藻類 こんぶ わかめ ひじき
野菜類 ほうれんそう ごぼう にんじん キャベツ 大根
豆類 大豆
きのこ類 干ししいたけ
芋類 じゃがいも さつまいも さといも
果物類 グレープフルーツ バナナ メロン

 

 

尿を酸性化させる食品をできるだけ摂取せずに、アルカリ化させる食品を積極的に摂取するようにしましょう

尿酸値を下げる成分

尿酸値を下げる成分は、ビタミンA・ビタミンC・マグネシウム・キトサン・葉酸などがあります。治療は必要ないけど尿酸値が気になる場合は、これらの成分が含まれている食品やサプリを摂るようにしましょう。

クレアチニンって何の数値?

クレアチニンは聞き慣れない言葉ですよね。クレアチニンとは、体内で筋肉に使われているエネルギーを生み出した後のカスといった形です。この数値が高ければ、血中にカスが多く残っている事になります。

 

 

 

腎臓が正常に機能していれば、クレアチニンの数値が高くなる事はありません。数値が高いという事は、腎臓の機能が落ちているので注意が必要です

クレアチニンの数値を正常にするには?

クレアチニンの数値を正常にするには、塩分を控える・たんぱく質を摂り過ぎないなどが重要になってきます。普段の食生活から気をつける必要があるので献立を考える必要がありますね。

 

 

 

食事に気を付ける事ももちろんですが、有酸素運動をして汗を流すのも大切になってきます。クレアチニンの数値を正常にする為に、食生活と有酸素運動を意識していきましょう。

肝臓と腎臓に効果的なサプリを選ぶ

 

肝臓に効果的なサプリには、オルニチンが配合されている事が多いですよね。実は、オルニチンの効果は肝臓だけではなく腎臓にも良いのです。

オルニチンが腎臓に効く理由

オルニチンには、アルコールだけではなくアンモニアも分解する効果があります。アンモニアを分解すれば、尿素は無毒になるので腎臓に負担がかかりません

 

 

 

アンモニアを分解できずに尿として排出すると腎臓に負担がかかっていくわけです。オルニチンが腎臓にも必要な成分だという事がわかると思います。

肝臓に効くサプリを飲めば腎臓にも効果あり

代表的な成分であるオルニチンが含まれているサプリであれば、肝臓と腎臓の両方に効果があるので一石二鳥になるわけです。

 

 

 

ただし、肝臓に効くサプリでもオルニチンが必ず入っているわけではないので成分表を見て購入するようにしましょう。

サプリは健康食品としっかり認識しよう

 

サプリは健康食品と同じ扱いになっているのはご存知ですか?サプリは、錠剤やカプセルになっているだけで健康食品なのですよ。

サプリは確実に数値改善に繋がるわけではない

サプリを飲んでいるから肝臓や腎臓の数値が改善されると思っているのであれば危険です。サプリは、あくまでも補助的な役割だという事を認識しておきましょう。

 

 

 

数値の改善に効果がある人もいれば、サプリを飲んでも効果が出ない人もいるわけです。ですので、サプリが必ずしも効果を発揮してくれると過信しないようにしましょう

肝臓や腎臓の数値が改善しない場合は受診も必要

 

肝臓や腎臓の数値は、どのくらいから受信が必要になるのか知っておきましょう。

肝臓の目安となる数値

AST 保健指導が必要 31以上 要治療 51以上
ALT 保健指導が必要 31以上 要治療 51以上
γーGTP 保健指導が必要 51以上 要治療 101以上

 

腎臓の目安となる数値数値

クレアチニン 適正 男性1.00以下 女性0.70以下
尿酸 適正 2.1〜7.0

 

 

基本検査項目では、尿たんぱくが対象になっています。尿たんぱくは、±で要注意・+で要検査になります。腎臓の状態は、日々の尿チェックでも行う事ができますよ。

 

 

 

尿の回数や色で判断する事ができるので健康状態のチェックに取り入れてみましょう。

まとめ

腎臓と肝臓に効くサプリの選び方がわかったと思います。サプリを飲んで様子を見るのであれば、肝臓や腎臓の数値を参考にしてみてください。

 

 

 

要注意でも要治療に数値が近ければ、サプリを飲むよりは受診した方が良いですよね。数値だけで判断するのは難しいかもしれませんが、自分の健康状態をみながらサプリを使用するようにしましょう

 

 

 

また、体調に異変を感じた場合はすぐに受診するようにしてください。